ホーム > 現金化 > クレジットカードの現金化の換金率について

クレジットカードの現金化の換金率について

クレジットカードの現金化については、大きく分けて2種類の方法があります。
一般的にはどちらの方法でも法律的にはグレーな部分ではありますが、カードの使用停止というリスクが伴うことをあらかじめ周知しておかなければなりません。
一般的にクレジットカードで現金化を行うには、キャッシングという方法があります。
この方法はあらかじめカードの作成時にキャッシング枠を設けておかなければなりません。
キャッシング以外の方法はカードにショッピング枠で換金率の高い物を購入し、インターネット等を用いて売買を行う方法があります。
この方法はカード停止というリスクは非常に低いものとなっていますが、即金性といった部分ではメリットがありません。
自分で物を購入してさらに売買を行う時間を有するためです。
また、換金率については、購入するものや時期、売買のスキルといったものに左右されます。
100%を大きく超える場合もあれば50%に満たない場合もあり、比較的ギャンブル的な要素もあります。
ショッピング枠で物を売買する方法以外に現金化を行う方法は、業者に依頼し、ショッピング枠から現金を得ることができます。
このメリットは即金性に優れていますが手数料が必要となりますので、一般的には80%程度のものとなります。
またこの方法はカードの使用停止のリスクが高いものである認識が必要となっています。
クレジットカードは非常に便利なものですが、使い方を間違えると人生を破綻する可能性があることを理解しなければなりません。

ネオギフト口コミ


タグ :