ホーム > メニエール病 > 上手に付き合えばメニエール病のストレスも軽減できる

上手に付き合えばメニエール病のストレスも軽減できる

ストレスや脱水には各種の症状がありますが抗利尿ホルモンの影響で増加することは以前から知りわたっていました。その症状を減らすのは水分をたっぷりとりストレスを溜めないようにし抗利尿ホルモンを増やさず水分が内耳にたまりにくいだけじゃなく内耳の血液循環などを改善すると考えられて誕生したのが、水分を多めに摂取する水分摂取療法と呼ばれるものです。

各種のしごとにもよるが、メニエール病によるぐるぐる回るめまいや耳鳴りの強い発作が起こった場合は、多かれ少なかれ関係なく、影響がしごとには出てくるのは避けられないでしょう。

 

 

 

発作さえなければ、全然不足せずに平穏な日々を過ごすことが可能なのに、病気の人にはかなり悲しいことでしょう。この疾病は遺伝性では無いと難病情報センターのサイトでも明記があり、また各国の研究においても遺伝性を示す報告は無いことから、その点において不安はいらないでしょう。遺伝的要因から発病しているのでは無く、普段の生活の中に原因となる物が隠れていて内リンパ水腫を引き起こすと考えられています。メニエール病とうつ病は深い関連のある病気になります。うつ病の場合にも、耳鳴り辞めまいなどの症状を起こすことがあります。

 

 

このようなめまいは心因性のめまいといわれ、三半規管などの耳の器官の病気により生じるものとは区別されていますが、メニエール病との診断を受けて治療を受けても回復が難しく、実際は心因性によるめまいだっ立というケースもあります。

移動の際の乗り物には配慮が必要になる事もあります。

 

もし、強いめまい発作を起こしてから日が浅い場合にはまだめまいの兆候が残っていて、電車やバスなどの揺れからめまいを誘発してしまうこともあります。飛行機は揺れも比較的に少なくて良いのですが、気圧の変化に伴うメニエール病の発作の誘発に影響される事もあります。病気になる人はお堅い性格でやせ型の人に多く、精神的、肉体的負荷により発症しやすくなります。また、アレルギーや血流不全、ウィルスや免疫力の低下、ストレスなども起因しています。大多数の人の認識では若い女の人がストレスによりめまいが出る病気として知られていますが、若い男性や高齢者にもよくみられる病気です。ストレスが多い女性がなりやすいメニエール病の治療とはいつおきるかわからない強い発作が起きた時は安静にしめまい止めの点滴などを投与します。手術する方法もありますが約7割~9割でめまいなどが改善されまた聴力を失う確率もありだから早期発見が大事です。日常生活では食事療法での成果がありビタミンや食物繊維を摂取すると有効な治療で知られていますが自分なりのセルフケアをやることが治療の一貫になります。メニエール病は完治するのか?

 

 

 

メニエール病では程度の大きいめまいや吐き気を感じ聞こえ方にも影響があるので、音があまり聞こえなくなりライスネル膜が正常に回復するとめまいも良くなっていきます。発作がおさまるまでの時間はそれぞれ違ってきますがだいたい30分以上、数時間ぐらいまでの人が多数を占めるようです。